猫背

猫背(ねこぜ) 不良姿勢

【猫背】 首をやや前に出し、背を丸めた姿勢。また、そのようなからだつき。

悪い姿勢の典型的な例が猫背です。背中が丸まって頭を少し前に出してとても印象が良いとはいえません。それどころか、肩こりや頭痛、内臓機能の低下を招くことさえあります。

理想とされる姿勢

くび、せなか、腰それぞれできれいな彎曲をつくっています。

背中の丸みの頂点は理想的なT7に位置しています。

典型的な猫背

背中の丸みが全体的に大きくなっています。
それにより頭は前方へ突出しています。

頭を支えている後頭部から首の後ろ、背中や肩の筋肉には疲労が蓄積されます。

猫背で丸まってしまった脊柱は、より丸まる方向へは容易に動きますが、反対に後ろに反らそうしても
動きません。これは胸椎そのものが歪みのために後ろへの動きを制限されているためです。
もし自分で背中を反らそうとしても、腰などの他の部位で反ってしまいます(代償運動)

猫背にもいろいろ

下のA・Bはどちらも猫背です。
背中の丸い角度は同じですが、直立位ではそれぞれ違う姿勢になりました。

A.
  • ○背中が大きく丸まっています。
  • ○頭が前に突き出ています。
  • ○腹腔が押しつぶされるように狭くなっています。
  • ○骨盤は若干後ろに傾いています。
B.
  • ○背中が大きく丸まっています。
  • ○骨盤(おなか)が前方へ突き出ています。
  • ○うしろへのけぞっています(後ろ体重)。
  • ○骨盤が大きく後ろに傾いています。腰も反っています。

同じ猫背でも人によって全体の姿勢のバランスはさまざまです。
訴える症状もことなります。姿勢矯正もそれにより異なります。