シドーブログ

なぜ姿勢分析で臨機応変になおせるようになるのか

functionall

 

これまで大阪・東京・福岡にて8シリーズ開催してきました姿勢分析セミナーがまた始まります。

今回は東京・大阪で各全4回です。

 

 

【このセミナーによって得られること】

 

・ただ「まっすぐ揃った」ではなく身体のなおし方が見えるようになる。その為の身体の壊れ方が解析できるようになる。

 

・腰痛など種々の症状や自律神経系の問題から妊婦の尿もれに至るまで個人の身体に即した問題に臨機応変に対応できるようになる。

 

・力学的にそして組織的(筋骨格だけでなく内臓系や内圧や支持組織)も含めて正しく姿勢分析ができるようになる

 

・機能的に優れた体に引き上げることで美しい姿勢をつくることができる。

 

・何かの療法やシステムに囚われたものではないので、自分の引き出しの中の手技や運動アプローチを応用でき、また身体のシステムの理解もつながります。手法はなんでもいいのです。

 

・クライアントへのアプローチに創造性が生まれる。

 

・異なる領域の医療関係者やボディーワーカー・セラピストと連携が取れる

 

 

つまり、この姿勢分析においてはクライアントのあらゆる問題を解明し臨機応変に解消することができ、今後の予測も立てられることから予防にもつながります。

 

 

【なぜ姿勢分析なのか】

 

Functional姿勢分析はまっすぐにすることを目的としていません。

 

私たちが診る方の多くは日常の中で身体が壊れます。

壊れゆく日常の身体のクセ(動き、つながり、機能不全)は姿勢や動きに現れています。

 

従来の姿勢分析では理解することができなかった個々の特性を解析するために新たな指標を30以上設けました。それにより重力下における身体の捉え方が立体的になります。

 

はじめは身体を解析するのがこんなに深いことなのかと大変ですが、いつしか連携を邪魔しているものや中身まで一瞬で見えるようになります。

 

全4回で行うことは姿勢分析(L像、P像、歩行、挙動)からアプローチ(徒手アプローチ・運動介入)やケーススタディまで基礎から実践まで全てを含みます。

参加者それぞれの臨床現場や研究において一生ものの軸となることでしょう。

 

 

【募集要項 東京・大阪】

ファンクショナル姿勢分析セミナー(シドー大学)

 

⚫️ 東京開催(全4回 7/7 8/4 9/1 10/6)

https://www.facebook.com/events/514143455786789/

基本的には全4回を継続して受講可能な方

1回目

日時 2019年7月7日(日)13:00〜18:00

場所 東京都大田区の整形外科

料金 30,000円(再受講15,000円)

定員 15

整体師、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、ボディーワーカー、理学療法士、医師、歯科医師、トレーナーその他セラピストの方。

 

⚫大阪開催(全4回 7/14 8/11 9/8 10/13)

https://www.facebook.com/events/606243796538294/

1回目

日時 2019年7月14日(日)13:00〜18:00

場所 整体サロンIASO
大阪市中央区西心斎橋1-10-28 心斎橋Mビル701

料金 30,000円(再受講15,000円)

定員 15

整体師、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、ボディーワーカー、理学療法士、医師、歯科医師、トレーナーその他セラピストの方。

 

お申し込みはこちらのメールフォームからお願いいたします。

https://form.run/@shidouniversity

 

 

IMG_3022

 

play20170924-1

 

10321102_650509811695304_6566383011363947714_o

 

38900367_1974079862671619_3262298978691055616_n

 

29025401_1760501344029473_1779247198255365582_n

 

30264235_1795454420534165_6194324611825147387_n

 

fdhudigurmkflgjg

谷川俊太郎『生きる』は今オトナが読むべき。

C478BE51-0AE6-45B0-BD69-919372DD2735

 

谷川俊太郎の詩『生きる』が絵本になっていた。

たしか小学校でやったよな。

俺ページめくる。

 

f9eef1e7dcc76a3fb0afc1105fc79801

 

”生きているということ

いま生きているということ

 

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

 

すべての美しいものに出会うということ”

 

c5b1544ea493a49e42aff8f045425ccb

 

なにこれ!

子供の頃読んだのと全然印象が違う。

おかしな音遊びくらいに思っていたものが、

大人になると突き刺さって沁みる。

しかもおしゃれ。

 

記憶に残る言葉の力。

シドー即買い。

 

876d86807b5b7608ab0961802a99365e

 

なぜ生きるのか。

なぜ死んじゃダメなのか。

なぜ殺してはいけないのか。

 

子供に説明するのが難しかったりするんだけど、

そうそう、そういう事!って。

 

そういえば爆笑の太田さんも折に触れてそんなことを言っている。

自分の命を大切に思えないなら人の命の重みなんてわからない。

 

ふと芸術や芝居や文学や美しいものに心を打たれた時、

感動している自分てまだまだ捨てたもんじゃないと、

自分を大切にし始める、と。

 

大人になってからじっくり読むと素晴らしいです。

IASOに置いてます。

 

72f5b0f4eaec2f272ffaeadeb21622f4

シドーブログ 月別アーカイブ: 2019年7月